空論オンザデスク

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空論オンザデスク

子育て、親育てを中心としたブログ 教育本、子育て本、鉄道もの、プラレール、トミカ系おもちゃなども。

もしバレンタインデーを目前にした女子高校生が「葉隠入門」を読んだら

今週のお題「バレンタインデー」 風はまだまだ冷たいが、青空は澄み切って陽の光は暖かく、冬の終わりを感じさせるような2月のある日。ひなのは躍り上がるような自分を抑えきれない思いで浮き立っていた。同時に、そわそわしていてもたってもいられない不安…

自己顕示欲も成長だ。親バカとただのバカは紙一重

早いものでもうすぐ2歳。 「天才脳を育てる1歳教育」という本に書いてあることを実践しようと四苦八苦してみたり(とにかく歩くことが良い、という内容なので、ことあるごとに連れ出てみたが、やはり気が乗らない時は乗らないらしく、終始抱っこを要求され…

子供を蚊から守るということ

蚊は、地球上で最も人間を殺している生物である。 世界で最も人間を殺している動物は…?その衝撃のチャートが明らかに - NAVER まとめ 蚊ぐらいで、と侮ってはいられない。 デング熱だって、子供がかかれば致命的なことになりかねない。 刺されたら最後、と…

ゴミ収集車の形態的魅力について

一歳半の男児をもっていると、普段生活のなかで特に気にせずにいたものが突然興味深く見えてくることがある。 ゴミ収集車もそのひとつ。 軽快なメロディーと共にスムーズにやってきては、街に出されたゴミの山を見事に片付けていく。 もっとも魅力的なのはそ…

ブラジル ワールドカップに寄せて

googleを開いてみたら、ブラジルのストリートビューへの入り口が。 いわゆるストリートアートというもの? この色の感覚がすさまじく日本と違う。違いすぎて圧倒されてしまうしあこがれる。 原色の配置なのに風景にあわせると違和感がない。 まるで風景その…

巴里より君を思う

これは数年前に作った合成画像なのだが、何とはなしに掘り出して貼ってみたくなった。 手前の猫は、当時の飼い猫で今はいない。放し飼いにしている猫にはよくあることで、ある日いなくなってそれきり帰ってこなくなった。猫の自由を尊重することと引き換えに…