空論オンザデスク

空論オンザデスク

子育て、親育てを中心としたブログ 教育本、子育て本、鉄道もの、プラレール、トミカ系おもちゃなども。

学習

アクティブラーニングの成立に必要なたった一つのこと

教える側の意識を180度変えること なんとなく、ちょっとずつアクティブラーニングというものが見えてきたような気がしています。 先駆者の書かれた本を読ませてもらったり、縁をたどって授業を見させてもらったりして、なんとなくこういうものかなという感触…

2016年都立中入試適性検査問題をとりあえず簡単に振り返る

本日行われた都立中高一貫校入試 適性検査問題です。 まだ生徒から問題を見せてもらったりしたばかりなのでなんとも言えませんが、とりあえず備忘録的にここまで読み取ったことを記載しておきます。 全体として「知識重視」の傾向になってきた印象。共通問題…

【中学受験・高校受験】地理、移動を伴う時差問題の解き方と練習(その2)

「その1」で出した練習問題の解説です。 unbabamo189.hatenablog.com 練習1 花子さんはエジプト旅行中で、これから日本に帰国しようとしています。東経30度を標準子午線とするアレクサンドリア空港から、3月2日の午前8時(現地時間)に離陸して、13時間の…

【中学受験・高校受験】地理、移動を伴う時差問題の解き方と練習(その1)

分かってしまったらカモになる時差問題 ただいま受験直前期まっただ中ですが、よく出る問題なのに未だに解けずに放置されていることが多い、そういう問題をちょっと解説してみたいと思います。少しでも役立てたら嬉しく思います。 社会科、地理分野の時差は…

東京、神奈川の公立中高一貫校受検まであと2週間。今最優先でやるべきことは何か。

受検まで2週間 2週間後の2月3日水曜日が東京、神奈川の公立中高一貫校、および国立中學校の受験日になります。ここを第一志望として取り組んできた方達は、今どんな状態で直前期を過ごしているのでしょう。 私の知っている限り、この時期にまだ過去問を…

受験における過去問の効用と弊害

受験勉強の最後の関門 過去問 直前期の最も強力なツールといえば入試過去問。受験生でこれをやらない人はいないはずで、その重要性は言うまでもないです。過去に出された問題の傾向を読み取り、問題を解くことでその傾向を自分のものにする、それに同レベル…

原鉄道模型博物館に行ってきました

ちょっと前のことですが、 横浜にある「原鉄道模型博物館」に行ってきました。 電車系には全く興味がなかった自分ですが、 子供が電車好きになると、自動的に巻き込まれるようです。 どちらかというと大人の趣味の領域にかかるこの博物館。 リアリティにこだ…

【中学受験・高校受験】歴史年号必須80項目を覚える特訓プリント

重要な出来事の歴史年号を覚えることは、歴史を自分の頭の中で完全整理するための目印を作る作業です。絶対的な年代ともに、歴史が転換する重要な出来事を押さえておけば、他の出来事を自分で分類できますし、整理も楽になり頭の中で初めから再構築すること…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(現代編)

歴史年号ゴロ合わせシリーズ、とうとう最後の回になりました。 戦後世界の展開については、「戦後日本の民主化と冷戦体制の進行」、各国との国交回復と原水爆禁止運動、経済発展と政治の流れなど、同時並行で進行する複数の流れを追っていく必要があります。…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(大正・戦前の昭和編)

歴史年号ゴロ合わせシリーズ。戦前、戦中編です。 大正時代は政治的民主化を求める「大正デモクラシー」が花咲き、明るい雰囲気の出来事が続いたりしますが、一方で第一次世界大戦が勃発するなど激動の時代でもあります。 1914年(行く意志強く)第一次世界…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(明治時代編)

歴史年号ゴロ合わせシリーズ。今回は明治時代です。 明治日本の産業革命遺産が登録されて脚光を浴びているくらい、 この時代の日本は、それまでの停滞を一気に払拭するかのうようなドラスティックな変貌を遂げます。だから、時代も3つに分けて考えると理解…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(江戸時代編)

歴史年号語呂合わせ江戸時代編 語呂合わせシリーズが久しぶりのお目見えになります。 今回は江戸時代です。 1603年(色っぽいおっさん) 徳川家康が江戸幕府を開く 1615年(広く統合)武家諸法度が定められる 1637年(一路みな行く)島原の乱 1639年(一路サ…

【中学受験・高校受験】歴史の流れを把握し、並べ替え問題に強くなるプリント

中学、高校受験で問われる歴史のうち、大部分が「歴史の流れ」。 つまり基本的な人物やできごとがどういう因果関係で並べられるのか、 というところが出題されることが多いのです。 もちろん、歴史は「ストーリー」ですから、 こんなプリントで機械的に一か…

国語の力をつけるということ 第3回

読解力について 読解力=語彙力+文脈力+経験値+解釈力と、前々回で書いた。 それについてもう少し掘り下げたい。 ・メタ化と映像化 私たちが文章を読むときに、無意識に行っていることがある。それは映像化とメタ化である。映画やドラマを見て、そのあとに原…

国語力をつけるということ 第2回

発達による学力について 子供は、一人ひとり発達の進み方が違う。特に小学生は、誕生月によっても大きく差がでてしまうし、それ以上に個人差が大きい。登下校中の小学生の列をみると、大人とほぼ変わらない身長の子とまだまだ小さい子が同学年だったりするこ…

国語力をつけるということ 第1回

国語という科目ほど伸ばすことが難しいものはない。国語が苦手で、受験が間近なのであれば、これを根本的にどうにかしようとは考えないほうがいいかもしれない。それよりも、より即効性があって合否を左右する科目に注力したほうが理にかなっている。中学受…

神奈川県公立高校入試について

神奈川県公立高校入試について入試問題の分析などはいろんなところで既に侃々諤々と言われているので今さら自分がいうことではないと思いながら、また次年度に向けた備忘録として解いた印象だけを書くことにする。まず英語。 びっくりしたのは問2の単語記述…

公立中高一貫校のはらむ矛盾

公立中高一貫校の矛盾 ひところの開校ラッシュがおさまり、倍率もだいぶ落ち着いてきた感のある首都圏の公立中高一貫校。中学進学の第三の選択肢として、すっかり定着したと言える。 これまでの国私立中入試と全く異なる入学試験は、「適性検査」と言い、算…

市立川崎高附属中について

市立川崎高附属中適性検査について2月10日に合格発表のあった市立川崎高附属中について、考えたことをまとめてみます。問題の難化 湘南ゼミナールさんの分析にもありましたが、昨年の問題よりかなり難しくなったことは確かです。というより昨年の問題が易し…

アプリ開発をやってみたい

はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)作者: 山田祥寛出版社/メーカー: 秀和システム発売日: 2012/11メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (5件) を見るO型の人間というのは、普段のんべんだらりとしているくせに、…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(室町・戦国・安土桃山時代編)

1336年(いざさろう、吉野へ去ろう)後醍醐天皇が吉野に南朝を建てる 鎌倉幕府に不満を持った御家人をまとめ、幕府を倒した後醍醐天皇ですが、その後自ら政治の実権をもった「建武の新政」では、武士たちの不満をあつめ支持を失っていきます。そのさなか、兵…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(鎌倉時代編)

中世というのは、日本でいえば鎌倉時代から室町時代ぐらいにかけて。 安土桃山時代を含める分けかたもありますが、おおむね弓矢とか刀を持った武士が活躍した時代といえます。鎌倉時代までを覚えます。○1185年 (イイハコつくろう)守護、地頭源頼朝が、弟の義…

【中学受験・高校受験】歴史年号ごろ合わせ(原始~古代編)

自分のオリジナルのものや受け継がれてきたものなど。 歴史の年号は、やはり入試を突破する上で覚えておいたほうが良いもの。中学受験でも高校受験でも、年代そのものを問う問題は少ないが、歴史上の出来事を年代順に並べ替える問題などはよく出題されます。…