空論オンザデスク

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空論オンザデスク

子育て、親育てを中心としたブログ 教育本、子育て本、鉄道もの、プラレール、トミカ系おもちゃなども。

子供を蚊から守るということ

蚊は、地球上で最も人間を殺している生物である。 

世界で最も人間を殺している動物は…?その衝撃のチャートが明らかに - NAVER まとめ

 

蚊ぐらいで、と侮ってはいられない。

デング熱だって、子供がかかれば致命的なことになりかねない。

刺されたら最後、というわけではないが、今の時期は相当な覚悟で臨んだ方が良い。

 

ということを痛感した体験を先日した。

 

雨上がりの日に子供を連れて散歩。

川岸の緑地を歩くこと数メートルで、異変が起こった。

ふと気がついたら、前を無心で歩く子供の周りを4〜5匹の蚊が取り囲んでいたのだ。

「うまそうな朝飯みっけ。いただきまーす。」というセリフが今にも聞こえてくるかという場面だった。

しかも、「ヤブ蚊」らしきシマシマのある戦闘的な攻撃的な連中で、刺されたら500円玉規模の腫れ具合では済まされないことは目に見えている。

慌てて両手をブンブン振り回し、ひとまず子供をひっ担いで退散し、

振り向きざまに虫除けスプレーをやみくもに散布した。

 

 

f:id:unbabamo189:20150708142049j:plain

 

やっぱり1歳児の血は美味いのだろうか。美味いのだろう。

汗も結構かくから、二酸化炭素臭が相当するに違いない。

幼児は蚊にとって格好のご馳走なのだと思い知った。

 

ちなみに、日頃の虫除けとして「虫除けシール」を愛用している。

服に貼るようにできていて、これを数枚装備しておけば結構防げるようだ。

肌に直接虫除けスプレーをかけるのに抵抗があるので重宝している。

ただ、二段め、三段めの事態を想定して、もっと効果の高いスプレーなどは用意しておいたほうが良いと思った。