空論オンザデスク

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空論オンザデスク

子育て、親育てを中心としたブログ 教育本、子育て本、鉄道もの、プラレール、トミカ系おもちゃなども。

ピロリ菌検査キットを買ってみた

先日の「ヒルナンデス」で芸能人がピロリ菌検査をやっているのを見、そういえば以前から気になっていたのを思い出したのがきっかけです。

「細菌」って最近とても話題になっています。人の便のサンプルを研究して、役に立つ菌を探す研究者の話はいろんなメディアに登場します。

人のお腹の中には常時約100兆個(匹って言った方がいいのか)の細菌が住んでおり、人間の体を作っている細胞の数(約40兆個)よりもずっと多いということ。そう考えると、「私」という存在は細菌の集合体だとも言えてしまいますよね。

 

まあそういう深遠かつ気持ち悪い話は置いておいて、私たちの身近な共生者である菌たちの中で、「悪いことしかしない」輩もいて、その一つがこの「ヘリコバクター・ピロリ菌」。いかにも悪戯者といった名前。こいつは、胃の中に住んでいて、胃壁を攻撃するそうです。それが胃潰瘍や胃ガンの原因になるという、なんとも凶悪な話ですが、かつて日本の川にこれが大量に流れており、その頃川で遊んだりした経験のある子供が知らず知らずのうちに感染。下水道設備のないころの話なので、今は川で遊んでも大丈夫ですが、その頃に感染した私たちの親の世代や祖父母の世代から口移しなんかでうつっちゃってる場合があるそうです。ちなみに、大人同士は感染しないので、もしピロリ菌がいるとしたら子供の頃にそうとは知らず親愛の情を示してくれたおじいちゃんやおばあちゃん、おとうさんおかあさんからもらってしまったとしか考えられないわけで、だとすると自分の子供にも知らないうちに望まれぬプレゼントをしてしまっているかもしれません。

これは一大事。ということで、まずは検査をすることにしました。

テレビでは呼気、つまり息をふーっと吐いただけで検査できる機械が紹介されていましたが、我が家の近辺ではそんな最新機器を導入した病院はなさそう。血液検査とかは面倒だしどうしよう、と色々迷った挙句、通販で検査キットを購入してみることにしました。

 

supplementmanual.blog33.fc2.com

 

こちらのサイトで紹介されている二つのうち、安い方を選びました。尿を採取して送るだけという簡単なものです。値段は4000円ちょい。割と安めだと思いました。

 

www.8909.jp

それを上記のサイトで購入。後日届いたキットが下の写真のようなものです。 

 

f:id:unbabamo189:20160124093357j:plain

 

尿の採取は本当に簡単でした。

よくある健康診断にある紙コップより簡単で、手が汚れることもなくスムーズにいきます。あとはこれを封筒に入れてポストに入れるだけ。

 

さて、検査結果は2〜3週間後とのことですので、気長に待ちたいと思います。